« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

グラス・ダイニングテーブル

ガラスのハメ込み天板とそこから見えるラインがモダンなオリジナルダイニングテーブル♪
同時発売のモダンチャイニーズチェアv01やローアームチェアv01とあわせることで更に統一感のあるワンランク上のインテリアに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ワーク・デスク セットv02

全てそろえることで理想の書斎空間を作ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

ワーク・デスク セットv01

全てそろえることで理想の書斎空間を作ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ワーク・デスク

新しいモダンアジアンインテリア!
シンプルでありながら機能を重視したデザインデスクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

カフェ・テーブルv03

全てをシャープなフォルムに!
天板の小口&上面は斜めに、脚は細身の4本のスチールをバランスよくデザインしました。
※イスとのお得なセット販売!(各商品2,000円引)
お好きなイスを合わせることが出来ますので、イスは別途ご注文下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

グラス・ロー・テーブル

座卓としても使えるロー・テーブル登場♪
※W 1000とW 1200の2サイズございますので、お部屋の大きさに合わせてお選び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウッド・ロー・テーブル(ダークブラウン)

和モダンをイメージして作ったチークのテーブル。サイドの部分にはバンブーを平らに削りだしたものを施し、2つの素材を同時にお楽しみ頂けるデザインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

ソファ・ロング・テーブル

ソファ・テーブルのサイズ違い。
お家でホームパーティー!!なんて時にも大活躍してくれるテーブルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソファ・テーブル

上段はガラス、下段はバンブー、木部は無垢チーク材と1台で色んな素材を楽しめるとってもお得なテーブルです。デザインはとってもシンプルなので、アジアン、モダン、和風・・・と色んなテイストのお部屋に合いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

コーヒー・テーブル

『ソファはあるけどスペース上、テーブルまで置けない、でも、やっぱり不便だなあ』という方、こちらのテーブルはいかがですか?
平均的なコーヒー・テーブルの半分の大きさなので、場所をとりません! 普段は色々な用途に別々に使い、お客様が来た時は2台並べて大きなテーブルに・・・なーんてこのサイズだからできる便利な使い方はいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

グラス・ロー・テーブル

座卓としても使えるロー・テーブル登場♪
※W 1000とW 1200の2サイズございますので、お部屋の大きさに合わせてお選び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

オリジナル羽毛布団:プレミアムゴールド

一生使える羽毛布団♪
最高級ポーランド産ホワイトマザーグースを使用したオリジナル羽毛布団で安らかな眠りを堪能して下さい。
羽毛は「日本羽毛寝具製造業協同組合」品質基準の最高基準(かさ高18cm以上)プレミアムゴールドラベル付き(2005年10月より新設された従来基準よりも高い最上位基準)。
又、ポーランドの有機飼育指定工場にて一つ一つ人の手摘により選定されています。羽毛(ダウンボール)が大きく沢山の空気を含み、保温性が高いだけでは無く通気性も良い為、暖かくて軽く、蒸れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル羽毛布団:ロイヤルゴールド

一生使える羽毛布団♪
高級ポーランド産ホワイトマザーグースを使用したオリジナル羽毛布団で安らかな眠りを堪能して下さい。
羽毛は「日本羽毛寝具製造業協同組合」品質基準に適合したロイヤルゴールドラベル付き(かさ高165cm以上)
又、ポーランドの有機飼育指定工場にて一つ一つ人の手摘により選定されています。羽毛(ダウンボール)が大きく沢山の空気を含み、保温性が高いだけでは無く通気性も良い為、暖かくて軽く、蒸れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »